手術室・解剖室からの血液・体液などの廃液は感染性廃棄物として処理しなければなりません。
最新技術の感染系排水処理システム(グループのエア・ウオーター防災製)をお勧めいたします。
(東京都監察医務院殿・都立松沢病院精神医療センター殿、その他へ納入。平成23年度)

エア・ウォーター防災の感染系排水処理システムの特長

(1) 最先進の【安定化二酸化塩素+オゾン】システムを採用“強力な殺菌力”を発揮。
(2) 加圧蒸気に比べ、【設置コスト・ランニングコスト】ともに、“安価”です。
(3) 次亜塩素酸に比べ、発ガン物質の【トリハロメタン】の“発生”がありません。
(4) 次亜塩素酸に比べ、【薬剤使用量】が少なく、“生態系や環境への負荷”が小です。
(5) 放流時の二酸化塩素の【残留濃度】が少なく、“生態系や環境への負荷”が小です。
(6)【小型処理ユニット】で、“省スペース。設置・保守”が容易です。